日本の平均寿命が高いのは何故?

平均寿命と似ている「健康寿命」とその違い

平均寿命という言葉は、殆どの方が聞いたことがあり、ご存知かと思います。
改めて平均寿命を詳しく調べてみると、男性も女性もここ数年、連続で過去最高を更新しています。
それだけ、長生きする方が増えてきたことがわかりますが、一方で「健康寿命」という、平均寿命と似た言葉があります。
健康寿命とは、元気で自立した生活ができる年齢を表しますが、この健康寿命は、男女共に平均寿命よりも8~12年も低いことから、この期間は、何らかの介護や支援を受けるなどの制限があるということになります。
そのため、本来は、平均寿命よりも健康寿命が延びることが重要で、この寿命年齢が上がると、本当の意味で、長寿大国となるでしょう。
そのためには、医療分野の発展はもちろんのこと、それ以外の自殺や不慮の事故の件数を少なくすることも寿命を延ばす重要な要素となるようです。
これらのことも踏まえ、周囲のバックアップも重要です。

長寿大国に必須の条件とは

国の平均寿命が上がり、長生きする方が増えると、その国は長寿大国となります。
日本は、以前から他国と比べても平均寿命は高かったものの、平均寿命の年齢が年々更新されている点にも注目してみましょう。
まず、大前提として、長生きする方が多いということは、その国自体が先進国であり、恵まれた豊かな国であることがわかります。
そして、国や行政、各自治体にまで、高齢者に優しい制度が考えられているかも重要で、年金であったり、高齢者になると頻度が多くなりがちな医療に関しての制度は、影響が大きいといえるでしょう。
また、公共交通機関や施設等でのシニア割や特典は、高齢者の生活を豊かにするだけでなく、交通事故削減や免許返納にも付随してきます。
年を重ねることによって、生活状況や必要となることも大きく変化します。
医療や薬の開発が、我が国をより一層長寿大国にしたことは間違いありませんが、制度の充実も重要な条件となるようです。